• ユニットバスのリフォームのメリット

    ユニットバスにリフォームすることで得られるメリットは、様々あります。

    まず、保温性や熱効率を考慮して作られているものが多く、従来のものより電気やガス、水道の消費量を抑えることが可能なため、節約につながることが期待できます。
    戸建て住宅で、タイルやブロックを使用した在来工法の浴室の場合は、壁や床が冷えやすく、亀裂や隙間ができると水が浸透するため、カビが発生しやすくなるとされています。
    そこで、壁や床がパート毎に一体になっていて、壁や床の継ぎ目がほとんどないユニットバスにリフォームすると、大切な家の骨組みなどが濡れる心配をする必要がなくなります。
    そして、浴室に隣接する壁との間に空間が少しあるので、保温効果が高くて壁や床が冷たくなりにくいというメリットもあります。

    また、床暖房などのオプションも選びやすいため、お風呂に快適に入ることが可能になります。

    プロのフローリング補修について知りたいならこちらのサイトは便利です。

    それから、ユニットバスは壁や床などに汚れや傷がつきにくくて、汚れを落としやすい素材が使用されている場合が多いです。
    さらに排水口の清掃性を高めた商品も展開されているため、在来工法のものと比べると手入れがしやすいです。
    さらに、工事期間が短いのが特徴で、浴室の取り壊しからユニットバスの組み立てまで、3日ほどで完了するため、浴室が使用できない期間が短くて済みます。

    朝日新聞デジタルで快適な暮らしを実現しましょう。

    ユニットバスのサイズは規定のものから選択しますが、豊富なラインナップが様々なメーカーから出ているので、価格や機能など希望に合うものを選ぶことができます。



    さらに、リフォーム後のメンテナンスは、メーカーなどが対応してくれるため不具合が生じた場合でも安心です。